活動内容・実績の詳細

Category

ニュース

お寺の取り組み

気候変動問題

イベント

メディア掲載

プレスリリース

契約者さまへのお知らせ

営業日誌

Archives
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

「SocialBookCafeハチドリ舎」店主 安彦恵里香氏による 『つくる、つなぐ、つづける』Vol.1

vol.1( https://tera-energy.com/post/521/ )・vol.2(
https://tera-energy.com/post/534/ )に続いて、10月10日に広島別院で行った研修会の様子をお届けします!

ゲストスピーカーは広島の土橋町で「SocialBookCafeハチドリ舎」を営み、平和やまちづくりに関するイベントをおこなう安彦恵里香さん。

「核問題や、憲法、政治など、真面目な話ばかりができるカフェを作りたいって思ったんです」と安彦さん。

2016年12月に思いたち、2017年7月にはオープン。すごいですよね、そのバイタリティ。

彼女の趣味は課題解決‼︎

子供の頃から正義感が強く、アクションを起こすことが好きなタイプ。
勤務していた会社を辞め、24才でピースボート 世界の旅に参加。
ある人との出会いが今の彼女を作りました。

その人は紛争の渦中にいるにも関わらず、とても優しく、何よりも普通の人間でした。

彼女は疑問を感じました。

「同じ人間なのに、その境遇でなぜこんなにも人生が変わるのだろうか」

そして強く思いました。

「とにかく悲しんだり苦しんだりしている人を減らしたい」


それが今のイベント活動に至るきっかけになったそうです。

縁あって広島に移住。

アートで社会問題を考えるPROJECT NOW!や、テクノロジーとまちづくりをテーマにしたCode for Hiroshimaの代表も務め、様々な活動を行います。

そのうち、イベントだけのつながりではもったいない。真面目な話ができる居場所を作りたい。

そう思った彼女が創設したのがハチドリ舎。


(おてらのでんきにもご契約していただいております!)https://tera-energy.com/post/326/

そこでは毎日のようにイベントが開かれています。

開かれたイベントの数はおよそ750回!

イベント内容は、多種多様です。例えば、「会って知るシリーズ」。

セクシャルマイノリティの人、難病の人など、普段まず知ることのない人と、出会って話す。

遠くにあると考えがちな社会問題も、当事者と触れて話すことで初めて理解することができる。

「知ることで人は優しくなれるし、当事者意識も生まれる」のでしょう。

イベントを通して人と人が出会い、思いに共感できる人が増えていく。そこからまた次のコミュ二ティが広がっていく。

彼女が目指すところは、コミュニティが生まれる場所を提供しつづけることではないでしょうか。

最後に、

「生きづらさや苦しさを解放できる場所のひとつとして、お寺にはその可能性を感じる」

とは結んでくださいました。

コミュニティというワードはTERA Energy もとても大切にしています。

孤独をなくし、お寺が地域を活性化させるサポーターとなる、

我々が目指すコミュニティの輪を広げていこうと強く思いました。


[イベント] | 2019.10.28

https://tera-energy.com/post/560/

TERA Energy 株式会社
〒615-0854 京都市右京区西京極堤外町18-124
電話:075-874-4851