fbpx

Introduce

「手渡したいのは青い空」を合言葉に、持続可能な社会づくりをめざして

あおぞら財団

Activity活動内容

あおぞら財団では、「手渡したいのは青い空」を合言葉に、公害地域の環境再生・持続可能な社会づくりを目指して、5つのテーマ(まちづくり・伝える・学ぶ・生きがいづくり・つながる)からの取り組みを進めています。
公害の経験に学び、それを教訓としながら、よりよい地域づくりを進めていく活動を行い、支援する団体として活動しています。

【活動内容】
・公害地域の再生のための地域づくりに係る調査研究と活動の実践
・公害経験や公害地域再生等地域づくり活動に関する情報発信・交流事業
・環境学習・環境保健活動等支援事業

【団体の設立趣旨】
「公害地域の再生は、たんに自然環境面での再生・創造・保全にとどまらず、住民の健康の回復・増進、経済優先型の開発によって損なわれたコミュニティ機能の回復・育成、行政・企業・住民の信頼・協働関係(パートナーシップ)の再構築などによって実現される」と、地域づくりの進め方そのものも重視しています。

団体からのメッセージ

2022年に25周年を迎え、持続可能な未来へ向けて「手渡したいのは青い空」を合言葉に5つのテーマ(まちづくり・伝える・学ぶ・生きがいづくり・つながる)からの取り組みを進めています。公害によって疲弊した地域の再生をめざして、市民・行政・企業などあらゆる主体と協力して社会環境づくりをおこなっています。

団体情報

活動領域
公害、自然環境保護、まちづくり
活動中心地域
大阪

電気を切り替えて
この団体を応援する

寄付先団体を選ぶに戻る