fbpx

テラエナジーでんき

〜温かなつながりをつむぐ〜

工藝の森

森づくりとモノづくりをつなぐコミュニティ

活動内容

一般社団法人パースペクティブが運営する『工藝の森』とは、自然を起点に循環するモノづくりのあり方に着目し、「植える」「育てる」「作る」「買う」「使う」といった、モノをめぐる行為をつなぐ、活動のことです。

1つは、「植樹・育林事業」として、森のプロである林業家の知恵と力を借りて、漆を中心とした工芸素材を植樹・育成し、またすでに自生している桐などの工芸素材は、より好ましい環境で育つことができるよう、周囲の木々に対して選択的な伐採も行います。

2つめは、「循環的モノづくり共創事業」として、京北の地域資源である木材と、サステナブルな自然素材である漆を使って、だれもが気軽にモノづくりができます。何代にもわたり培われた職人技を、次世代につなぐことができ、その両立こそが、私たちの行うモノづくり事業の目的です。

みなさまへのメッセージ

工藝の森創立者

松山幸子さん

漆の塗膜は、自然素材だからこそ、しっとりと人の肌に馴染み、使い込むことで味わい深い艶や風合いになっていきます。経年変化も美しくてカッコよく、傷んだり、壊れても修復して繰り返し使うことができる、という意味でも循環可能です。

工芸は今、コミュニティを必要としています。職人の技を支えるコミュニティはもちろん、森を支えるコミュニティも必要です。行動をともにしていただくことで、漆も、地球も、次の世代に受け継ぐことができます。

団体プロフィール

工藝の森

▶︎運営:一般社団法人パースペクティブ
▶︎設立:2019年
▶︎活動概要:文化芸術・環境・森林
▶︎活動中心地域:京都・京北
▶︎HP/SNS情報
HP|http://forest-of-craft.jp/
Facebook|www.facebook.com/ForestOfCraft/
instagram|https://www.instagram.com/forest_of_craft__perspective/